カテゴリー「2005年10月」の記事

10月31日(月曜日)

1031_000

朝早い「のぞみ」に乗って名古屋へ。

今日は名古屋湾岸にある「イタリア村」の取材。

モデルさんを使ってデートっぽく撮影したんだけど、

ホントのイタリアっぽい街並が再現されていて

なかなか楽しかったです。

撮影の合間に、あおなみ線と名港トリトンをパチり。

それにしても「名駅」とか「名港」とか略すの好きね。

名古屋の人って。

10月30日(日曜日)

1030_001

今日はJRPS相鉄ギャラリー展のイベントデー。

そのイベントの一つとしてヤマサキと二人で講演をした。

ちょっと軽いノリだったけど、なんとか盛り上がって一安心。

写真はその中で紹介したマニュアルWBの作例。

緑色の紙でマニュアルWBをとって、撮影するとこんなピンク色がつくれます。

ぜひ試してみてね。

10月29日(土曜日)

1129_000_3 今日は年長さんであるガクトの授業参観の日。

はじめて子供が授業を受けているところを見て、

人には聞いていたが、やはり感動した。

いつのまにか大きくなった息子の姿が、

ちょっぴり遠くなった気がした。

夕方、ガクトと二人で近所の公園へ。

曇天のなか快走する武蔵野線をパチり。

10月28日(金曜日)

1028_000

前沢牛、気仙沼のフカヒレなど高級食材の撮影。

なかなか美味しい撮影をこなし

3日間の駆け足の東北取材を終え新幹線で帰京。

一ノ関駅で通過する「はやて」を流し撮り。

ほんとに疾風のようでした。

10月27日(木曜日)

1027_000

宮古からぐるっと三陸をまわって八戸に行き、

盛岡に戻るという大移動の一日。

はじめて盛岡名物ジャージャー麺を食べる。

が、微妙な味わい。でも3回くらい食べればくせになるかも。

取材終了後、山田線の山岸駅に行く。

シーンとした駅はなかなかいい感じ。

誰もいないホームをパチり。

月だけがポッカリと浮かぶ、穏やかな夜でした。

10月26日(水曜日)

1026_000

今日から3日間情報誌の取材で東北へ。

そろそろ紅葉のシーズンだけど、今回は電車の撮影はナシ。残念。

遠野で取材だったので、宮守のアーチ橋で列車の写真を撮らせてもらう。

ここでもセイタカアワダチソウが満開。

あざやかな黄色いアクセントをつけてくれました。

この日は宮古泊。

10月25日(火曜日)

1025_000

昨日に引き続き子供向けの教材用にはたらく人の撮影。

今日は農家。というわけで湘南台にちかいりんご園で撮影。

今年は寒暖の差がなく、リンゴの色づきが悪いらしい。

けど、その場でむいてもらって食べたリンゴは格別の味わい。

なんでも産地で食べると美味しいもんだねぇ。

帰り道、緑園都市の相鉄ギャラリーに寄る。

オイラの所属するJRPS(日本鉄道写真作家協会)の相鉄ギャラリー展

がおこなわれていて、オイラの作品も展示されているからだ。

なんと一番いいばしょにドカンと飾られていて感激。

やっぱり大きな写真は迫力があっていいねぇ。

10月24日(月曜日)

1024_001

今日は消防士さんの撮影。

その前に武蔵野線をパチり。

秋だねぇ。そして田舎だねぇ。埼玉って。

消防士さんは放水のシーンを撮影したんだけど、

撮影の準備を終え、ようやく本番って時に

ホントに火事があって、撮影する消防士さんがそのまま出動。

口をぽかんとあけてただ見送るしかないオイラは

かなりマヌケでした。30分くらいで帰って来てくれたので、

なんとか無事撮影。

消防士さんは、かなりかっこ良かったっす。

10月23日(日曜日)

1023_000

いまいち体調がすぐれないけど

家でクサクサしててもかえって体に悪そうなので

近所に武蔵野線の撮影に行く。

ここもセイタカアワダチソウが満開でいい感じ。

ちょうど重連回送の機関車が来たのでパチり。

ほのぼのした写真になりました。

真っ赤に色づいたカラスウリと、がまの穂を持ってかえり

リビングに飾った。

10月22日(土曜日)

1022_000

朝目をさますと目やにで目が開かない。

これも「プール熱」の症状らしい。

またまた解熱剤をのんで、「磐西・只見線ぐるり1周号」の取材へ。

今日は国鉄色のキハ58に10時間乗りっぱなし。

これは立派な罰ゲームですな。

でもいざ乗ってみると、

天気は今イチだったけどけっこう楽しかった。

でもしばらくキハ58には乗りたくないです。

夕方には体調もよくなってきて一安心。

夜、無事に帰宅。