カテゴリー「2005年11月」の記事

11月30日(水曜日)

1130_000

私鉄のカレンダーの撮影で小田原へ。

みかんがたわわに実った丘に登ると

青い海をバックに新幹線が。

白い小舟を添えて、パチり。

11月29日(火曜日)

1129_001

取材終了後、小海線で帰るので

またまた最後尾の窓にへばりつく。

落葉がすすみ、線路にはたくさんの落ち葉がつもり

列車が通ると落ち葉が舞い上がる。

その落ち葉を撮りたくて、望遠レンズで線路を狙った。

低速シャッターと舞い上がる落ち葉がシンクロして

動きのある絵に仕上がった。

もうすぐそこまで来ている冬を感じた。

11月28日(月曜日)

1128_000

昨日の夜東京に着いたばかりなのに

早朝からあずさに乗って小海線へ。

先日のHP取材の続きです。

甲斐大泉に近い超高級ホテルの

広~い部屋に一人でポツンと寝る。

とってもゴージャスなんだけど、なんか寂しい。

11月27日(日曜日)

1127_000

今日は叡山電鉄のきららを撮影。

実はオイラ初めて撮影する路線なんだけど、

ここもモミジがキレイでいい感じでした。

夕方まで撮影して一路東京へ。

御殿場付近で渋滞25キロにハマり

クタクタで自宅へ。

11月26日(土曜日)

1126_000

今年の紅葉が今イチなのは京都も同じなんだけど、

モミジの赤がキレイな分、ほかの地方よりはいい感じに思える。

鮮やかなモミジを見ながら、トロッコ列車がゆっくりと

走り去ってゆきました。

11月25日(金曜日)

1125_000

午後15時。

保津峡の狭い谷に傾いた光線が差し込み、

輝いた川と列車が浮かび上がった。

ファインダー越しに見たそのシーンは

山陰本線に旧型客車が走っていた時代に

タイムスリップしたような光景だった。

ホイッスルの音を谷に響かせ、列車はトンネルに消えてゆく。

11月24日(木曜日)

1124_000

京都の紅葉がピークだと聞き、急いで京都へ。

今年から嵯峨野観光鉄道が紅葉のライトアップをはじめた。

そもそも山陰本線の廃線後を利用した鉄道だが、

こうしていろいろ工夫を凝らし

集客力を高めているのはエラいと思う。

暗闇に浮かび上がる紅葉が、なんとも幻想的でした。

11月23日(水曜日)

1123_000

小海線のワンマン列車は

列車の最後尾の窓まで誰でも入ることができるので

線路のイメージ写真を撮るにはもってこい。

帰りの列車に乗った時にはもう完全に真っ暗だったけど

カメラを窓にぴったり押し付け、根性の手持ち撮影。

直線の線路以外の風景が流れ、不思議なイメージになりました。

11月22日(火曜日)

1122_000

読売新聞のHPの撮影で清里へ。

あのソフトクリームで有名な

清泉寮に泊まったんだけど

なかなかいい雰囲気。

夜の清里駅のホームはしんしんと冷えて

針葉樹のシルエットをバックに

駅名板だけが浮かび上がっていました。

11月21日(月曜日)

1121_000

今日はつけめん屋さんのイメージ写真撮影。

料理写真はけっこう好きなんだけど、

麺類って簡単そうでけっこう難しい。

1品のつけめんをイメージ的に撮影するんだけど

なかなか苦労しました。

撮影を終え事務所の前の地下鉄の出口で、

ふと見上げるとナナカマドが赤く色づいていた。

今年はいつまでも暖かいけど

季節は確実に流れている。