カテゴリー「2006年2月」の記事

2月28日(火曜日)

228_000

今日で2月も終わり。

はやいねぇ。まだまだ寒く、春はまだ遠い感じ。

梅も約1ヶ月ほど遅いみたいだし。

またへんな気候になんなきゃいいけどね。

帰り道にふと見上げた飯田橋の総武線のガード。

無骨なリベットには美しさすら感じる。

渋滞のライトが反射して、幻想的に輝いていました。

2月27日(月曜日)

227_000

目が覚めれば眩しいほどの晴れ。

今日は「流氷ノロッコ号」同乗取材だ。流氷はないけど。

昨晩はまたまた台風のような激しい南風が吹き荒れ、

流氷はますます沖合へ行き、今年はもう来ないだろうとのこと。

でも知床連峰はバッチリ見え、手応えはありました。

知床斜里では、ホームにスケソウダラの寒干しがお出迎え。

女満別空港から、一路東京へ。

2月26日(日曜日)

226_000

目を覚ませば今にも泣き出しそうな曇り空。

灰色一色のオホーツク海には、流氷のカケラもあーりません。

トホホ。

きけば今年は流氷の本体は来なかったみたいで、

接岸したのは3~4日だけだったらしい。

仕方ないので流氷を見ようと、レンタカーで知床へ。

ウトロまでいっても流氷はなし。グスン。

釧網本線各駅を取材しながら網走へ。

止別、北浜、鱒浦など、味のある駅舎が多い。

藻琴駅では裸電球が夕暮れの空に浮かび上がっていました。

2月25日(土曜日)

225_000

SL冬の湿原号の同乗取材。

土曜日のせいか、たくさんお客さんが乗っていてビックリ。

しかも台湾やベトナムなど、アジアの人たちが多くてさらにビックリ。

標茶に12:26分に着き、網走に行こうと思ったら、

なんと16:40分まで列車がない!?

本線なのにひどいよ~。仕方ないので川湯温泉の足湯に入ったりして

時間をつぶしました。ようやく来た網走ゆきに乗った頃には

どっぷりと日が暮れていました。

列車の最後尾から、流れ行く線路をパチり。

明日から流氷ノロッコ号の取材。流氷あるかなぁ?

2月24日(金曜日)

224_000

昨日のカッパちゃんに負けじと、

浜松町の小便小僧もトリノオリンピック仕様に!

スキーとゴーグルをつけてご満悦だけど、

どことなく安普請。

うるせぇ!と怒っているのか、小便をかけられました。

羽田から飛行機で釧路へ。

2月23日(木曜日)

223_000

今日は横浜ウォーカーの取材でアメリカンパイを撮影。

相鉄を撮影する度に会う、かしわ台の築堤のカッパちゃん。

前はDKNYの涎掛けだけだったのに、

手編みのチャンチャンコを誰かに作ってもらい

ご満悦のカッパちゃんをパチり。

寒空に裸のカッパちゃんを見て、

寒かろうと、誰かがつくったんだろうけど、

こういう人の優しい気持ちを目の当たりにすると、

なんだかオイラも幸せになります。

よかったね!かっぱちゃん。

2月22日(水曜日)

222_000

撮影の合間に叡山電鉄に乗る。

すると椿の生け垣を発見したので、

生け垣越しに電車を流し撮り。

椿の流れの中を列車は鞍馬へ。

2月21日(火曜日)

221

町家のそばにあったインクライン跡を訪ねる。

インクラインとは別名「傾斜鉄道」とも呼ばれ、

これを経由して琵琶湖と淀川の間を多くの船が行き来し、

東京遷都以降衰退していた京都の復興に貢献しました。

琵琶湖側からの水路と、淀川側の水路の間を超広軌!の線路で結び、

ちょうどケーブルカーのようにワイヤーを滑車で回し、

右側の線路にある貨車に船をのせて上下していたといいます。

う~ん。なんとも大掛かりな!

昭和23年には廃止されましたが、

土木遺産として今でも残っているところもスゴい。

いかにこのインクラインが

京都の発展に寄与したかがわかりますなぁ。

先人の技術に感動しながらパチり。

2月20日(月曜日)

220_000

「しんかんせん ばいば~い」

京都駅でのぞみ号に手を振る女の子をパチり。

うさみみ帽子がかわいい。

新幹線に乗れたことがよほど嬉しかったのか、

列車がいなくなるまでず~っと手をふっていました。

今日から3日間、読売新聞のHP「旅ゅ~ん」の取材で京都に滞在。

築100年にもなる京都町家に宿泊。

こんなテレビもない、静かな夜はもの思いに耽けよう。

と思ったが、あっと言う間にバク睡しちゃいました。

2月19日(日曜日)

219_000

ガクトとオモチャの飛行機を飛ばして遊ぶ。

せっかくなので、武蔵野線とともにパチり。

列車のタイミングに合わせて飛ばした飛行機と列車を

一緒に流し撮り!

な、わけはなく、飛行機は手に持って列車と一緒に動かしながら撮影し、

オイラの手だけ、画像処理で消してます。

片手にカメラ、片手に飛行機を持って、列車に合わせて動かしている

オイラの姿は、110番もののアヤシさでした。