カテゴリー「2006年3月」の記事

3月31日(金曜日)

331_000

今回の教材は

電車の運転手さんがテーマなので

いろいろと撮影させていただく。

家族モデルは、試運転中のリゾート21の中で撮影。

ガクトもひなのも、なんとかいい表情をしてくれてひと安心。

でも「カメラマン業」と「父親業」を一日中こなしたオイラは

もうクタクタ。家族のみんなもよくがんばったね。

撮影中、ガクトのハイチュウを食べてたら

前歯(差し歯)がとれた。

なので今笑う時はオカマみたいに、

口に手をあててお上品に笑ってます。

オホホホホ。

かっこわる。

3月30日(木曜日)

330_000

今日から2日間、子供の教材用に

伊豆急の取材。

モデルはなんと家の家族たち。

撮影は明日だけど早朝からの撮影のため、今日は伊豆高原に前泊予定。

でも桜の様子が気になってしかたないオイラは

行きがてら武蔵関に寄って、桜の咲き具合をチェック。

まだ満開にはなっていなくて、週末でも大丈夫そうで一安心。

明日、ガクトはちゃんとモデルできるかなぁ。

ちと心配。

3月29日(水曜日)

329_000

あぁ東京のさくらは大丈夫かなぁ。

なんてドキドキしながら目覚めれば、なんと大前は雪景色。

線路もうっすらと雪化粧して、

身も引き締まるような凛とした空気が心地よい。

予想しなかった季節の逆戻りに

焦る気持ちも、ちょっと落ち着きました。

3月28日(火曜日)

328_000

吾妻線の終点、大前駅前にある旅館「つまごい館」の取材。

終着駅の宿として、前々から気になっていたんだけど、

大変失礼ながら、予想よりはるかにきれいで快適でした。

派手なサービスはないんだけど、旅館としての基本を

しっかりとこなしているところに、とても好感がもてました。

というか最高に居心地がよかったです。

オイラが止まった部屋は、まさに湘南色ビュー。

窓を開けて、これみよがしにパチり。

露天風呂からも背伸びすれば、列車が見えるよ。

3月27日(月曜日)

327_000

明日発売になるペプシNEXのイベントの撮影で歌舞伎町へ。

広告代理店に勤めてる高校の同級生がしきってるんだけど、

本当に動く2足歩行ロボットやタレントを使って

かなり大掛かりなイベントでした。

われわれがいつも仕事している書籍の世界に比べると

予算も規模もまさにケタ違いで、羨ましいかぎり。

撮影後、またまた水道橋のソメイヨシノをパチり。

もうすぐ満開。

3月26日(日曜日)

326_000

いや土偶が出て嬉しいのははわかるんだけど、

ここまではしゃがなくてもいいんじゃない?

って毎度つっこみたくなる木造駅舎。

でもこういうノリ、ほんとは大好きです。

列車の時間になると目が光るのがイイ!

ちなみに右側にある看板は「キムラタクシー」

これがホントのキムタクか!?

夕方の飛行機で羽田へ。

3月25日(土曜日)

325jpg

鉄道誌の取材で青森へ。

この時期なかなか晴れない日本海側だけど

今日はバリ晴れ。さすが晴れ男(ジガジサン)。

岩木山にはみごとな傘雲がかかって、

なかなか迫力がありました。

リゾートしらかみの新型「くまげら」を撮影したあと

編成の変わった「スーパー白鳥」を撮影し、

夜中、青森をスルーするようになった北斗星を

貨物ヤードで撮影。ふう~。ハードな一日。

3月24日(金曜日)

324_000

読売新聞のHP用に表参道ヒルズの取材。

ショッピングモールが大好きなオイラですが

実は表参道ヒルズは今回が初めて。

六本木ヒルズがこれでもか!って感じだったのに対し、

表参道のイメージを崩さずに

よくぞこれだけ大規模な建物をつくったものだなぁと感心しました。

水道橋付近の桜並木もちらほら満開に。

街灯に照らされて、夜だというのに白く輝いていました。

JRPSのキヤノンEOS30D講習に参加したあと、

最終便で羽田から青森空港へ。

3月23日(木曜日)

323_000

高田馬場で打ち合わせのあと

めずらしくヤマサキと2人で飲む。

これからのレイルマンフォトオフィスのことを

大いに語り合う。

2人で会社をはじめてもう6年目。

たまにはこうして2人で飲むのもいいもんだなぁ。

としみじみ思った。

ケバケバしい高田馬場のネオンも

心なしかキレイに感じた。

3月22日(水曜日)

322_000

どれどれ

昨日の開花宣言をうけて、

お茶の水のソメイヨシノを覗き込むと

おおっ。かわいいピンク色のつぼみが膨らんで

今にも咲きそう。

満開の桜はきれいだけど、

つぼみの淡い色彩もきれいなもんだね。