« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月24日 (木)

降り注ぐ

_dsc4212_r

太陽系に属する地球。

陽の光が降り注ぎます。

暑すぎず寒すぎず、

地球との絶妙な位置関係は奇跡的なことですよね。

太陽系の地球の日本の片隅で。優しい光に包まれて。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年11月22日 (火)

光の街

_dsc0876_s

きらびやかな街並みをゆく列車は誇らしげに

颯爽と駆け抜けていきます。

流し撮りしまくっていると外人さんが「1枚押してくれ!」と

来てくれたので、シャッターを押してあげると

「お前も撮ってやるよ!」といい(多分・・・笑)

1枚撮ってくれました。

こんな出会いがとっても嬉しい夜でした。

_dsc0937_s_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月19日 (土)

家族のワンシーン

_dsc0638_h_s

駅のまわりには

人々が集い、また散ってゆく。

流れゆく慌ただしい日々にあったかい瞬間、見つけた♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月18日 (金)

中井精也写真展「おもひでかめら」開催!

Omohide_1

「おもひでかめら」

中井精也が撮り始めたデジタルピンホールカメラです♪

カメラなのにレンズがなく、とってもシンプルな構造のカメラです。

そう、穴が開いているだけ。

写真が撮れるために必要な、「光を取り込む」という機構だけの構造と

最新のデジタルカメラの技術が生み出すその風合いはハンパなく懐かしいです。

Omohide_2

その作品を生み出すカメラはこちら。

ボディを保護するキャップに小さな穴を開けて光が入る隙間を作ります。

レンズがないので、ピント合わせの概念がありません。

カメラメーカーは基本的にどのメーカーのカメラでも撮れます。

ただしレンズ一体型のカメラでは、レンズを取り外すことができないので

レンズ交換式のカメラをご用意ください。

でも。みなさまの心のなかはきっと

カメラはあるけど、ちょっと特殊っぽそうなこのレンズどうやって作るの?

だと思います(笑)

安心してください、売ってますよ!(ちょっと乗り遅れ・・・)

懐かしいおもひでかめら、つながりということで(笑)

おもひでかめらレンズ商品ページ

取り扱いもございますので、ぜひぜひチェックしてみてください!

中井がおもひでかめらの撮影で使用しているものと同じ製法でつくられています。

お持ちのカメラと対応しているかをよくお確かめのうえ、ポチっとしてください(笑)

そしてぜひ、神戸での写真展にお越しくださいませ!


●写真展「おもひでかめら」

場所:メリケンギャラリー

(神戸市中央区波止場町6-5 上屋SO-KO)

会期:11月30日(水)〜12月4日(日)

時間:12時00分〜19時30分

(最終日のみ、16時00分まで)

入場無料

写真展の情報をもっとくわしく!


イベントも開催しますよ〜!


・おもひでかめらの撮り方セミナー

12月3日(土)開催

みんなでおもひでかめらを作るところから

完成したカメラで撮影して、その写真を中井精也が吊し上げ・・・・

・・・・・ではなく講評までしちゃいます!

撮り方セミナー詳細&お申込み


・トークショー

おもひでかめらのトークショー。

2日間、開催いたします。

11月30日(水)19:30〜/12月1日(木)19:30〜

トークショー詳細&お申込み


どちらのイベントも予約制です。

先着順での受付となりますので早めのお申込みをオススメいたします。

お申込み受付開始は11月23日(水・祝)、イベントで応募受付開始時間が

異なりますので、よくお確かめのうえ、お申込みください。

神戸・メリケンギャラリーでお待ちしております!

ぜひ素敵な時間を過ごしましょう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月17日 (木)

_dsc0270_h_s特別でない

いつもの列車が

いつもどおりに。

車掌さんの後ろ姿が印象的でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月15日 (火)

明日もいつもどおり

_dsc5624_s

窓の数だけ暮らしがある。

それは列車の窓でも。

窓の数だけ、暮らしとドラマがある。

劇的でない光景にこそ、深入りすると

かけがえのない何かに繋がっているような気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

NHK水戸ラジオ「いばラジカル」が公開されました!

先週の土曜日(11月12日)に

中井精也が生出演したNHK水戸のFMラジオ「いばラジカル」

の放送がインターネット上で公開されました!

本放送は茨城県内のみなさまにしかお聴きいただくことが

できませんでしたが、全国でお聴きいただけますので

ぜひ聴いてみてくださいね♪

再生はこちら!

生放送中のスタジオの様子もアップされています!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月14日 (月)

日本の里山

_dsc8057_h_s

日本らしい里山の景色のなか

最新のディーゼルカーがゆきます。

自然とともに。調和して。もっと優しく。

生活に溶け込んでいきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月13日 (日)

大人の休日倶楽部・鉄道写真入門講座を開催しました!

12月13日(日)、JR東日本・大人の休日倶楽部会員のみなさまとの

鉄道写真入門講座を総武本線で開催しました!

日差しの感じられる最高のお天気のもと

はじめての鉄道写真という方も多く

魅力を感じてもらえる撮影会になったと思います。

_dsc0328

物井駅と佐倉駅の間にある「モノサク」と呼ばれる有名な撮影地にて

編成写真、風景がちに、さらには流し撮りまで

いろいろな種類の撮り方を実践しました!

みなさんとにかくアグレッシブ!

そして歩くのが早くて、僕は一番うしろをついて行きました(笑)

_dsc0311流し撮りの撮り方をレクチャー中♪

顔の前にグーをつくって

グーを見ながら体を回転させると?

_dsc0066

こんなふうに見えます。

これが流し撮りの原理!

グーが列車で、目がカメラです。

ファインダー内で列車の位置がずれないように

パーンしながらシャッターを切ると躍動感のある写真が撮れます。

流し撮りは、スピード感を見せたいときや

背景があまり綺麗でなくて隠したいときなどに用いると効果的!

_dsc0047

撮った写真をその場で見て、参考にしてもらいます。

今度はどんな写真を撮ろうか、イメージを膨らませていきます。

撮影のあとは、お待ちかね!

吊るし上げ大会!(笑)・・・・・ではなく講評会♡

_dsc0161

みなさんに渾身の1枚を提出してもらって

1人ずつ講評していきます。

これがドキドキなんですよね〜><

_dsc0494_h

そしてそして、こんな一幕も!先生!

こんな授業だったら何時間でも受けられちゃいますね♪

あたたかさすら感じるお天気な日、素敵な1日を過ごすことができました。

お天気にも恵まれ、素敵なみなさまとの撮影会♪

思い出に残る最高の1日になりました。

またこのみなさんで集まれますように。

●午前の部のみなさま

_dsc0259_h

●午後の部のみなさま

_dsc0413_h

ぜひこれからも鉄道写真を楽しんでくださいね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月12日 (土)

この景色

_dsc0114_s

仙台へ行くたび

東京に帰る直前に必ず見ていく景色。

この景色を再び記憶に焼きつけて

次に帰ってくるときは、もっと胸を張っていられるように、

と言い聞かせてまた歩き出したとき、気持ちは東京に切り替わります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月11日 (金)

街に鉄道

_dsc8719_s

よる、住宅の灯りのなかをゆく列車を流し撮りしようと

撮影地へ行ってみると、昼間に見た家々の密度のわりに

あたりは暗くて驚きました。

でも建設中の家がたくさんで

これから列車のまわりに彩りが添えられるのがとっても待ち遠しいです。

この場所から、また流し撮りするときは

流れる光の線がたくさん増えていることでしょう。

街が出来上がっていくための

鉄道の役割の大きさを痛感します。

線路がつなぐもの。

場所と場所をつなぐことは

人と人とが繋がるということ。

線路を軸に街がつくられています!_dsc8470_s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 6日 (日)

いつもどおり

_dsc7618_s

何気ない日常にだって

こんな景色がすぐ近くにある。

どこかに行ったから、何かがあったから特別なんじゃなく、

毎日がスペシャル!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年11月 3日 (木)

宇宙を感じて

_dsc7380_s 静寂につつまれた夜

列車の音だけが響く。

地球もこの星々と同じ、星。

地球は太陽系の中にあって

その太陽系は天の川銀河のなかの一部・・・

果てしない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »